身体 可動 性 の 障害 看護 計画。 【脳梗塞】わかりやすい!病態、看護ポイント、看護計画。急性期〜慢性期。

看護 身体 計画 性 可動 の 障害 看護 身体 計画 性 可動 の 障害

🐾 衣類を着脱する際に口を使用 口に咥える する。 身体可動性障害の看護計画 病棟で使用している看護計画を紹介します• 片麻痺の患者の看護をする時には、ついつい全て介助してしまうことがありますが、それではADLのアップにつながりませんので、できることは自分でやってもらうように気をつけながら援助するようにしましょう。

看護 身体 計画 性 可動 の 障害 看護 身体 計画 性 可動 の 障害

😀 エタネルセプト(エンブレル)• 他者に受け止めてもらうことは緩和効果に影響する。

8
看護 身体 計画 性 可動 の 障害 看護 身体 計画 性 可動 の 障害

😒 ・内分泌/代謝/免疫/造血器系機能障害 低血糖/高血糖/電解質異常/敗血症(MOFを含む)/出血傾向• ・社会的相互作用障害 基準看護計画〈社会的相互作用障害:成人、小児〉• 運動神経は延髄の椎体交叉で左右が交叉しますので、右側の脳に病変があると左片麻痺が生じ、左側の脳に病変があると右片麻痺が生じます。

看護 身体 計画 性 可動 の 障害 看護 身体 計画 性 可動 の 障害

🔥 損傷の程度により完全損傷と不完全損傷に分類され、詳しくは以下の通りです。 転倒転落予防の看護計画は個別性が命 転倒転落アセスメントスコアシートで点数を付ける、身体可動性障害の看護診断名を付ける、決まったひな形の看護計画を張り付ける。

10
看護 身体 計画 性 可動 の 障害 看護 身体 計画 性 可動 の 障害

♨ なんでかしら」• 8 抑うつ状態による活動低下に関連した身体可動性障害:リハビリ期• 長期臥床による排泄パターンの変化• 1 骨・周囲組織の損傷による痛みとギブスなど固定具による痛みがある 看護診断 急性疼痛 関連因子:骨折 診断指標:合図による・言葉による疼痛の訴え、疼痛を避けるための体位付け、苦悶様顔貌、睡眠障害 看護目標 長期:疼痛が緩和したことを表現できる 短期:疼痛の漸減と疼痛緩和法の実施後に疼痛が緩和したと表現できる OP ・痛みの原因:骨折、浮腫、アライメント異常、スプリント(副子)または牽引、ギブス ・患者の痛みを0~10で表現するなど疼痛スケールを用い、最良の時、最悪の時、疼痛緩和法実施後の各時点について評価する ・痛みの身体的徴候、心拍数、呼吸数、血圧の上昇、落ち着きのなさ、顔をしかめること、痛みの防御規制 ・鎮痛薬の使用状況と効果 ・指先の皮膚色と巧緻性など ・良肢位が保持されているか TP ・できるだけ損傷部位を動かさないようにする、指示があればスプリントを使用する ・禁忌でなければ患肢を挙上する ・疼痛の原因を探り、枕の挿入や言葉かけなどを行い、緩和できるよう工夫する ・三角巾や枕などにより良肢位を保持する ・ギブスの圧迫が強い場合は医師に報告し、可能なら割線をいれたり、巻き直してもらう EP ・体位を変える時はゆっくり行うよう説明する ・痛みがある時はその性状や程度について医療者に伝えるよう説明する ・鎮痛薬の効果について説明し痛みを我慢しないよう説明する ・痛みを我慢することの影響を説明する 2 ギブスや装具の装着と患部の安静により身体運動が制限される 看護診断 身体可動性障害 関連因子:骨折 診断指標:関節可動域の制限、体位変換が困難、姿勢の不安定さ 看護目標 長期:患部の安静を保持しながら身体の動かし方がわかり実践できる 短期:看護師の介助により身体の動かし方がわかる OP ・ギブスの様子、牽引や包帯の巻き具合を最初は1~2時間ごと、その後は4時間ごとに確認する TP ・骨折部位の上下の関節を支えながら、損傷組織を静かに扱う ・浮腫を予防するため骨折部位を氷嚢で冷やす ・禁忌でなければ患肢を挙上する ・疲労した筋肉を休ませるため、正しい体位がとれるように介助する。 痛みは、主観的な体験であるが、精神的な因子がかかわっていることがある。 一連の流れは ルーチンになっている よくあるケースだと思います。

13
看護 身体 計画 性 可動 の 障害 看護 身体 計画 性 可動 の 障害

😀 入院患者・病棟移動患者さんを受け入れた時、転倒転落リスクについてアセスメントします。

11
看護 身体 計画 性 可動 の 障害 看護 身体 計画 性 可動 の 障害

✔ 転倒転落アセスメントスコアシートで転倒の危険度を判定し、アセスメントして身体可動性障害に当たると診断した• 脳血管疾患による 後天的な麻痺、糖尿病合併症による末梢神経障害、術後創痛などもこの項目に含まれます。

2
看護 身体 計画 性 可動 の 障害 看護 身体 計画 性 可動 の 障害

💅 看護診断名に当てはまらない場合、共同問題「 転倒転落ハイリスク状態」等の名称で、看護計画を立案できるように取り決めておくとスムーズだと思います。

1