藤田 俊太郎。 【藤田俊太郎インタビュー】朗読劇の金字塔『ラヴ・レターズ』を今、この時代に上演する意義(1/3)

俊太郎 藤田 俊太郎 藤田

🐾 当作品は映画監督が中心を担う芝居ですから、演劇、映画の枠組みを超える新しい体験をしていただけるような映像作品でのライヴ配信となります。 これからぶつかったりするかもしれないけれど、今は物を創るという中でお互いリスペクトしながら進められていて、とても良い状況にあります。 藤田:わかります。

俊太郎 藤田 俊太郎 藤田

🤫 僕もいちファンとして何度も観劇していましたし、翻訳・演出を手掛けられた青井陽治さんの活動をずっと見させていただいていたので、自分が『ラヴ・レターズ』を演出する機会をいただけるなんて想像もしていませんでした。 公演の歴史の中でいくつかターニングポイントがあると聞いています。

2
俊太郎 藤田 俊太郎 藤田

🤜 台本、音楽、そして俳優との対話を深め、藤田は今後も真摯に追求した作品を見せ続けてくれることだろう。 また、DVDはスペシャルインタビューやオフショットなど特典映像付きの3枚組で、2021年4月16日(金)発売予定。 新進気鋭の演出家、 藤田俊太郎が単身渡英し現地のキャスト・スタッフと作り上げたロンドン公演は、2019年の1月から4月まで上演され、オフ・ウエストエンド・シアター・アワードで6部門にノミネート。

15
俊太郎 藤田 俊太郎 藤田

♥ 長距離バスの旅でヴァイオレットを待ち受けていたのは、様々な人と多様な価値観との出会いだった。 一番最初の出会いとなった南部出身で白人の老婦人。 運命的な出会いを果たす白人兵士モンティと黒人兵士フリックの対象的な二人の男性。

18
俊太郎 藤田 俊太郎 藤田

💕 ミュージカル『VIOLET』は1964年激動のアメリカを通して、人々が苦闘しながら自分自身の価値観をみつけていくことを主題としています。

14
俊太郎 藤田 俊太郎 藤田

🚀 - 所属事務所ページ. コロナ禍の中、感染防止策を取りながらのご来場には感謝しかありません。 今回演じるラ・フルールという役では、私が長年やってきましたレビューの要素をほんの少し、演出の藤田さんが取り入れてくださっていますので、是非それを観ていただければと思います。

5
俊太郎 藤田 俊太郎 藤田

🤲 絵本ロックバンド「虹艶(にじいろ)Bunny」としてライヴ活動展開中。

1