ハイキュー to the top。 飛べ!全国の頂へ!「ハイキュー!! TO THE TOP」!

The top to ハイキュー The top to ハイキュー

😆 プレーヤーとしてのはセッター。 当初、GWの音駒との練習試合までという約束でコーチを引き受けたが、猫又監督の挑発に乗り、継続して務めている。 武者修行を終えて日本に帰国後、「トライアウトを実地しているチームで一番強い」V. 烏養繋心の祖父。

10
The top to ハイキュー The top to ハイキュー

🙌 背番号は1。 県内屈指のミドルブロッカー。

11
The top to ハイキュー The top to ハイキュー

💋 常に完成系チームを作る指導者と評価が高い。 強者を前にした時や逆境に直面した時、好調時には「嵐の前の静けさ」とも表現されるような穏やかな表情をたたえ、その見かけの穏やかさとは裏腹に全てにおいて「キレキレな」パフォーマンスを見せる。 しかし自ら志願した球拾いによってコートに溢れる情報の重要性に漸く気づくことになり、「本能的勘」を、思考の伴った「直感」へと昇華させようとしている。

9
The top to ハイキュー The top to ハイキュー

⌚ 最初の読切掲載から約1年にも及ぶ推敲を経て、『週刊少年ジャンプ』2012年12号より本作品の連載をスタートした。 3枚ブロックを打ち破るパワーに加え、多少乱れたトスでもスパイクを打ちきる技術を持ち合わせる。

1
The top to ハイキュー The top to ハイキュー

😅 日向曰く「の快感を知らないとは、もったいない奴め!!」。

The top to ハイキュー The top to ハイキュー

⚛ 合宿、音駒戦を経て大きく力をつけた烏野は常波を終始圧倒、初戦を突破した。

4